2010年9月14日の IDF 2010 基調講演にて米デルが、
10型のコンバーチブルノート「 Inspiron Duo 」を公開したそうです。

この Inspiron Duo は、ノートPCとしてもタブレットとしても使用可能なコンパーチブル型のマシン。

公開された仕様によると、10型のタッチスクリーンにキーボードを搭載、
OSはWindows 7 Premium、プロセッサはデュアルコアのAtom N550を採用しています。

液晶を回転させる事でタブレットとして、またノートPCとしても使用する事ができるそうで、
それだけを聞くと既に市場に出回っている製品と大差ないようにも思いますが、
このマシンは構造が非常にユニークです。

通常のコンバーチブル型のノートだと、ディスプレイ下部にあるヒンジを180度回転させ、
タブレットスタイルに変形するような構造になっているものが殆どだと思うのですが、
この Inspiron Duo はディスプレイの左右にヒンジがついています。

下に掲載した動画を見ていただくと分かるとおり、
液晶画面を横ではなく、縦方向に回転させてスタイルを変形させます。

これが一般的なコンバーチブル型のマシンと比べて使いやすいのか、
そうでないのかは分かりませんが、中々面白い構造のPCだと思います。

まだ詳細は明らかにされておらず価格なども非公開のようですが、
年内には投入される予定との事です。

→ デルから10型タブレット / ノート Inspiron Duo、デュアルコアAtom採用