2010年9月6日、パナソニックがLet’snoteの秋冬モデルを発表しました。
直販サイト「マイレッツ倶楽部」にて9月11日より順次発売、現在既に予約の受付が開始しています。

今回の秋冬モデルの内容は、主に従来のモデルをマイナーアップデートさせた仕様強化版で、
S9(12.1型+光学ドライブ)やN9(12.1型)、F9(14.1型)といった名称は従来通りですが、
プロセッサの強化やHDDの増量が行われています。

またN9にプレミアムエディションが追加、
4GB(オンボード)メモリーモデルがF9を除く全機種に拡大されるなど、
馴染みの構成はそのままに、より充実した仕様へと強化されました。

以下、新モデルの主な強化内容です。


【秋冬モデルの概要と主な強化内容】

・N9シリーズへのプレミアムエディション追加
・S9・N9はCore i5-560M vProへと強化
・S9・N9 プレミアムエディションとF9シリーズにはCoreTM i7-640M vProを搭載
・HDD容量を640GBにアップ
・S9・N9にメモリー標準4GB
・全機種でBluetoothを標準搭載
・S9・N9で新カラーの天板「インナールーセント」採用モデルを100台限定販売

上記の内容はウェブモデルに関するものですので、量販店モデルには当てはまらないものもあります。

今回の秋冬モデルは、従来モデルと比較して大きな変更はありませんが、
従来からの基本的な特徴に加え、全体的にパフォーマンスが向上するような仕様の強化となりました。

そして仕様もサービスに関しても、従来同様ウェブモデルの方が有利な内容となっています。

なお、今回のLet’snoteの秋冬モデルの販売開始にあたり、
パナソニックの直販サイト「マイレッツ倶楽部」では、製品(秋冬モデル)が5%オフで購入できるという、
クーポンキャンペーンを9月28日まで実施するようです。

今回のモデルの詳しい仕様や、キャンペーンの詳細については公式サイトでご覧確認下さい。


——————–

余談ですが、新モデルといえばつい先日、同社のPCブランド「TOUGHBOOK」の新モデルが発表されました。

このブランドは、過酷な作業現場などでの利用を想定した特殊なマシンで、
新しいモデルはIP65に準拠し、プロセッサにはCore i5-520Mを搭載。

従来以上に厳しい内容の耐久試験等をクリアするなど、より頑丈な筐体を実現しつつ、
独自開発したファンや放熱設計を採用する事で、高い性能も両立させています。

一般ユーザーには全く必要のない法人向けのモデルですが、その頑丈な設計には目を見張るものがあり、
自分自身も全く縁のないモデルではありますが、かなり面白そうな製品です。

ちなみにTOUGHBOOKほどではないにせよ・・Let’snoteも堅牢性や耐久性においては定評があります。
自分的にはThinkpadと同じ位、信頼できるブランドです。