2010年8月18日 米サンディスクが、重さ1グラム未満の 64GB SSD「iSSD」を発表したそうです。

SSDというとHDDよりも軽く高速だという事で、最近では一般的なものになりましたが、
この「iSSD」は16×20×1.85mmという小型サイズを実現しており、
その大きさは切手よりも小さいのだとか。

この「iSSD」は、新カテゴリ「組み込みSSD」として、
超薄型タブレットやネットブックのようなモバイルPC プラットフォーム向けに設計されており、
SATAに対応、あらゆるマザーボードと結合する事が可能、優れた耐久性も確保しており、
Windows 7などのOSでも十分に動作するとの事。

現在はOEM向けにサンプル提供され、主要なメーカーが評価を行っているとの事で、
発売時期や価格等の詳細は不明ですが、製品開発を行うメーカー側にとっては、
このようなストレージの導入によって設計面で余裕が生まれるのではないかと思います。

今後、軽量で高性能なモバイルPCやタブレットの拡大に大きく貢献しそうな製品です。
→ サンディスク、世界最小サイズで大容量64GBの ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を発表