タイトルに記載した通りなのですが、
ThinkPad L512L412 でスペック見直しがされると共に価格改定が行われました。

L412L512

L512ではプロセッサがCore i3-330M(2.13GHz)から Core i3-350M(2.26GHz)にランクアップ、
ですが価格は59,850円から57,960円へと僅かながら引き下げられており、
元々低価格なシリーズが更に求めやすい価格となりました。

モデルによってはメモリが2GBから4GBにアップグレードしつつも、
価格は据置きで変わらないなどの構成もあり、
Lシリーズの購入を検討されている方には嬉しい見直しです。

例えば・・

【ThinkPad L512 ベーシックパッケージ】

プロセッサ: Core i3-350M(2.26GHz)
OS: Windows 7 Home Premium 32bit
メモリ: 2GB PC3-10600 DDR3
ストレージ: 160GB(5400rpm)
ディスプレイ: 15.6型HD(1,366×768)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
無線機能: ThinkPad b/g/n

といった構成で・・

ダイレクト価格 ¥139,650 → キャンペーン価格 ¥57,960


といった価格に。
Core iプロセッサ、15.6型液晶で光学ドライブを搭載してこの価格は、
かなりコストパフォーマンスが高いと思われます。

L412 においてもCore i5-450M、DDR3メモリ4GB500GB HDD光学ドライブなどを搭載しながら、
ダイレクト価格¥169,890¥77,700というキャンペーン価格に改定。

ダイレクト価格」って一体何なんだろうといつも思うのですが、
とにかくスペック見直しと価格が改定されたという事です。


ちなみに、Lシリーズの旧モデルだといわれているSLシリーズは、4万円台と更に低価格。

ですが、自分的には価格が多少高くても、
最新のパーツを搭載したLシリーズの方が構成的に魅力だと思います。

あと、これはLシリーズの製品に限った事ではないのですが、
現在、クーポンの適用で、特定の周辺機器が1円で付属するというキャンペーンが開催されています。
これもなぜ「1円」何なんだろうといつも思いますが・・・

ThinkPad L、SL、X、X Tablet、T、Wシリーズなどのモデルを購入される方は、
クーポンのチェックも忘れないようにして下さい。