2010年7月7日、レノボジャパンがIdeaCentreに Kシリーズを追加しました。

今回追加されたのは IdeaCentre K320 という高性能なタワー型デスクトップPCで、
いわゆるゲーミングPCにカテゴライズされる製品。

プロセッサにはCore i5やCore i7を搭載、
グラフィックスにもGeForce GT320を搭載可能となっています。

IdeaCentre K320

IdeaCentre Kシリーズは海外では既に販売されているモデルで、
日本が(今の所)量販店のみで販売されるのに対し、海外ではウェブでも購入する事が可能です。

価格はオープンとの事で、はっきりとした価格がわからないのですが、
USでCore i5、i7搭載モデルが999ドル(キャンペーン価格:749ドル)~1,299ドル(キャンペーン価格:1,049ドル
である事より、大体その辺りの価格になるであろう事が予想されます。

ちなみに、日本のK320は海外のものほどマルチメディア機能が充実していないようで、
海外のK320だとBlu-ray ディスクドライブやTVチューナー搭載モデルなどが用意されているのに対し、
日本では今の所TVチューナーやブルーレイ搭載モデルはありません

単にゲーミングPCが欲しい、また高性能PCが欲しいが余計な機能は必要がない、
というユーザーに適したモデルではないかと思います。

【IdeaCentre K320の主な仕様】

プロセッサ
Core i5-750(2.66GHz、TB時最大3.20GHz/3次キャッシュ:8MB)
Core i7-870(2.93GHz、TB時最大3.60GHz/3次キャッシュ:8MB)

OS
Windows7 Home Premium 64bit

チップセット
H57 Express

メモリ
4GB(2GB×2)
6GB(2GB×3)
最大8GB、スロット数4

ストレージ
500GB(7200rpm)
1TB(7200rpm)

グラフィックス
GeForce 310(VRAM:512MB)
GeForce GT320(VRAM:1GB)

光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ

拡張ストレージベイ
3.5型HDD×2、5.25型×2

サイズ・重量
幅465mm×奥行180mm×高さ408mm、約10kg

インターフェース・他
USB2.0ポート×8、VGA、HDMI、16in1メディアカードリーダーなど

高性能、ゲームに最適・・とありますが、そういったカテゴリの製品だという事を考慮すると、
内容的にはずば抜けて性能が高いということもなさそうです。
ゲームするのに困りはしないと思いますが・・

なお、このK320にはLED搭載 21.5型ワイド液晶
もしくはLED搭載 23型ワイド液晶をバンドルしたモデルも用意されています。


余談ですが、海外のレノボではIdeaCentre Q という、
ATOMを搭載した低価格なデスクトップシリーズも販売されているのですが、
こちらは現在Vista搭載マシンしか出ておらず(7搭載モデルがない)、
もしかするともう後継モデルは出ないのかも?
(自分的に、Qシリーズは価格が低い以外特に魅力的な部分はないようにみえる)

もしQシリーズが日本に上陸しないのであれば、
これで一応IdeaCentreの全てのシリーズが揃った事になります。

だから何だという話にもなりますが、
IdeaPadが出た当初、私はIdeaシリーズをThinkpadやThinkCentreでは出す事ができない、
そこそこのクオリティの低価格ブランド(Thinkpadのおまけのような)だと思い込んでいたのですが、
最近では積極的に新モデルを投入しており、Thinkpadとは全く別物の面白いブランドだと感じています。

信頼性などの面では、やはりビジネス向けのThink~の方が勝っているかなと思いますが・・