2010年7月6日 イーモバイルが、3.5GのDC-HSDPA技術を導入し、
下り通信速度が業界最速42Mbpsの3Gサービスを10月より開始する事を発表したそうです。

この技術は日本国内でははじめての導入になるとの事で、
現時点では具体的なサービス開始日時や料金などの詳細は未定。

今回、イーモバイルが導入するDC-HSDPAという技術は、
通信方式HSPAによる通信をデュアルチャネル(二重化)で行う事により、
倍速での通信を実現するというもので、従来の下り速度21Mbpsを最大42Mbpsまで倍増させます。

あくまでもこの数値は理論上の速度ですが、
発表時に公開されたデモでは最大40Mbpsの安定した下り速度を実現していたそうです。


ちなみに・・イーモバイルといえば先日、
通信速度を制限する帯域制御のルール変更を8月から実施するという事を発表したばかり。
(→ イーモバイルが発表した帯域制限の強化)

一応、自分も現在イーモバイルユーザーですので、
影響を受ける受けないという事はともかく、えっ・・と思ったユーザーの一人です。

私はイーモバイルの通信は頻繁には使用しないのですが、
使用時には結構な通信量になるので(使用時間が非常に長い為)、月単位では余裕であっても、
24時間単位での帯域制御には引っかかる場合もあるのではないかと思うのです。

しかし今回の帯域制御の開始に関してイーモバイルは、
ヘビーユーザーが増加する事で全体の通信が遅くなってきているという事、
また海外では多くの事業者が帯域制御を実施しているという事などを踏まえ、
今回のルール変更という同社の方針に理解を求めるなどという事を話しているそう。

それはそれで仕方がない事なのだとは思いますが、
多分ユーザーは、2年縛りの契約により解約できないという状態でそのようなルール変更を行うという事に対し、
不快に思っている方がいるのではないかと・・
契約時にそのようなルールが適用されていれば、契約しなかった方も多くおられると思います。


今回の42Mbpsの新サービスは、開始当初は東名阪や各地の100万都市を中心に展開
その後、約1年で人口カバー率を60~70%に拡大する計画だそうで、
料金や端末などのサービス詳細は「そう遠くない内に発表できる」としているとの事。

しかし、どれだけ速いサービスが登場したとしても、帯域制限されるのでは意味がない・・
(上限に達するのが速くなるだけ)と考えるユーザーはかなり多くいるようですので、
このサービスのリリースがユーザー増加に繋がるのか、そうでないのかが気になる所です。