新宿のルミネエスト(ルークチャン)でタイ料理を食べた後、向かったのは大久保の職安通り。
目的は韓国の定番デザート「 パッピンス 」です。

韓国料理 カナダラ

というわけで今回訪れたのは、「 韓国料理 カナダラ 」という韓国料理専門店。

昨日訪問した大使館のすぐ近くにある店で、
韓国料理をファーストフード的な感覚で食べる事ができる店です。


カナダラのパッピンスの看板

店頭には大きくパッピンスの看板が出ています。

ちなみに、看板では「パッンス」とかかれており、
私はパッンスと呼んでいますが、
発音はパッンスもパッンスもどちらも正しいです。

ビビン、ビビンの違いと同じような感じですね。


で、このカナダラ、店内は1階、2階とありますが広さはそれ程ありません。
1階は落ち着かない感じだったので2階に向かいました。



カナダラ 2階の窓際の席からの風景

というわけで窓際の席です。

内装はマックのような(よりももっと簡素かも)雰囲気でですが、
料理の価格は日本で食べる韓国料理にしては、かなり低価格です。



パッピンス小を注文

パッピンスがあり、かなり迷ったのですが、
とりあえずそれ程お腹がすいているわけではなかったので、を注文しました。

店によっては普通のサイズでも、恐ろしくボリュームのあるものを出す所もあるので、
とりあえず迷った時は小さいサイズです。



パッピンスが2つ

というわけで、あっという間にパッピンスが登場。



パッピンス

小だから小さくて当たり前ですが、想像していたよりは小さめでした。
トッピングの仕方も小さいからか、整頓されていない印象です。

食べながらぐちゃぐちゃに混ぜてしまうので、どっちにしろ同じ事ですが・・



パッピンス横から

パッピンスを横から。



下にはかき氷

もちろんトッピングの下にはかき氷
カナダラのパッピンスには練乳が入っているようです。


というわけでパッピンスを混ぜます

パッピンスを混ぜます


さらに混ぜます

パッピンスをさらに混ぜます


もっと混ぜます

パッピンスをもっと混ぜます

混ぜて混ぜて、こんな感じに均等に具がまざったら食べ頃です。


見た目は美味しいの?って印象を受けますが、
何が入っているのかが良くわからないのがこのデザートの良い所。

この美味しさ楽しさは食べてみなくてはわかりません。

食べていると餅やグミのようなものが入っていたり、歯ごたえのあるコーンフレークに出会ったり・・
甘い小豆とミルクの味がするかき氷の相性も抜群です。

私はこれまで、どちらかというとソフトクリームをのせたパッピンスの方が好きだったのですが、
クリームなしの方が美味しいかも・・
もちろん、その場合はトッピングはたっぷりでないとダメ。氷と具のバランスによって味が全然変わるのです。


というわけで、これからの季節はタイ料理に加えて、パッピンスがマイブームになりそうな予感です。




大きな地図で見る