先週より、ThinkPad Edge 14”のカスタマイズ販売が開始されました。

ですがEdge 14”に限らず、他のモデルでもカスタマイズが可能になったり、
量販店で販売開始・・など頻繁に仕様が変更となる為、色々な情報が重なってちょっと混乱気味に・・

ThinkPad Edge

自分の中ではEdge 14”は既にカスタマイズが可能になっていると勘違いしていたのですが、
少し前にカスタマイズが可能になったのはEdge 13″ の方で、
Edge 14”は先週までは固定仕様での販売だったんですね。

というわけでカスタマイズが可能になったThinkPad Edge 14”、
内容に関してはカスタマイズ可能になる前と大幅に変わるわけではないのですが、
各パーツの組み合わせの自由度が増しました。

私的には、ディスプレイで光沢と非光沢を選択できるという部分が中々良いかと思います。

現在、Core i3-330Mを搭載したEdge 14”の最小構成モデルは5万円台
この価格で光学ドライブも搭載していますし、DDR3メモリ2GB、HDDは250GB(5400rpm)。

最近は他のモデルもかなり価格が低下している為、特別このモデルだけが低価格だとは思いませんが、
低価格マシンの購入を検討されている方は、選択肢の一つに加えても良いのではないかと思います。

【ThinkPad Edge 14″ ベーシックパッケージの価格例】

CPU: Core i3-330M(2.13GHz/3次キャッシュ:3MB)
OS: Windows 7 Home Premium 32bit
ディスプレイ: 14型HD(1,366×768)光沢なし
グラフィックス: HD グラフィックス(CPU内蔵)
メモリ: 2GB(2GB×1/DDR3)
HDD: 250GB(5400rpm)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ(固定)
無線機能: ThinkPad b/g/n

この構成で・・・

通常ダイレクト価格¥133,665 → キャンペーン価格¥59,850

となります。


ちなみにEdge 14”で外付けグラフィックスなどのオプションは用意されておらず、
グラフィックスは内蔵型のものみ。

ですので処理能力の必要な3Dゲームや映像関連などのプロフェッショナルな作業などには向きませんが、
一般的な作業ではかなり高いパフォーマンスを発揮できるかと思います。