先日より、「パッピンス」という検索キーワードで当サイトに来られる方が急増しています。
そういえば暑くなってきたし、そろそろパッピンスを食べるのに最適な季節だなあと・・

ちなみにパッピンスというのは、韓国では定番のデザートで、
名前の通りに訳すと小豆氷(パッ:小豆 ピンス:氷)という事になりますが、
一口にパッピンスといっても色々な種類のものがあり、内容も全く異なります。

クァイルピンス

クァイルピンス横側

写真はクァイルピンス(クァイル:果物 ピンス:氷)、これで1人前。
韓国の金浦空港で食べたものです。

私はこのデザートが大好きで、韓国への訪問時には毎日のように食べました。
とにかく、あちこちにこのようなパッピンス風のデザートを出す店があるんです。
(純粋なパッピンスでなく、アレンジしたものが多い)



サイズも超巨大なものから小さなものまで様々。

クァイルピンスサイズ違い

クァイルピンス4人前

ヨーグルトアイスが乗ったパッピンス

クァイルピンスヨーグルトアイスのせ

韓国では、大きなパッピンスを大勢で一緒につつきながら食べる事が多いので、
そのような様々なサイズのものが用意されているのですが、
私的には大勢で1つの器をつつくという食べ方は少し抵抗があります。

抵抗があるといっても食べるものの内容にもよりますが、
パッピンスはカキ氷もクリームも果物も、ぐちゃぐちゃになるまで混ぜてから食べるので見た目にちょっと・・
ビビンパも、私は混ぜずに食べるのが好きなのですが、韓国人にしてみるとそれは邪道だそうで。


で、本題ですが、日本では新大久保付近の韓国料理店でパッピンスを食べることができます。

有名なのはアイスベリーなどのパッピンス専門店ですが、
アイスベリーのパッピンスはどちらかというとアレンジされた本格的でないパッピンスです。

でもそちらの方が美味しいという方も多いかもしれません、
私もクリームたっぷりのパッピンスは大好きです。
(以前訪問したコーヒープリンスもそんな感じ。でもあまりにも内容が寂しすぎだった。)

そんなクリームたっぷりのパッピンスもそれはそれで美味しいのですが、
本格的な氷たっぷりのパッピンスも具沢山でかなり美味しいです。

日本では新大久保付近の本格的な韓国風の喫茶などで食べられるみたいですが、
私はまだ日本では本格的なものを食べた事がありません。


そういうわけで、夏のうちに一度食べなくてはとチェックしているのが、
新宿、職安通りに並んでいる韓国料理店のパッピンス。
(韓国料理 大使館、カナダラなどがある通りにある店で結構メニューに出ている)

少し前に職安通りを通った時、寒い頃には出ていなかったパッピンスの看板が出ており、
氷に果物や餅などが沢山はいった本格的なパッピンスが食べられると書いてありました。

場所的にどの駅からも少し歩かなくてはならないのがネックですが、
その辺は屋台風の店なども出ていて、夏場は特に賑やかで楽しいです。

というわけで長々とかきましたが、新宿~新大久保付近でパッピンスの店を探している方、
アイスベリーなどの専門店も美味しいのですが、
そちらのパッピンスは、比較的簡単に味の想像がつきそうな内容なので、
もしも旅行などでたまにしか新大久保や新宿に来られないのであれば、
本格的なパッピンスの方を試されてみては?なんて思ったりします。

私は本格的に日差しがきつくなる前には行くつもりです。
(日差しがきつい中を余り歩きたくないので、真夏になる前に・・)




大きな地図で見る