2010年6月21日、東芝がデュアルディスプレイの libretto W100 を発表しました。

このモデルは7型ワイドのタッチスクリーン液晶を2画面搭載したミニノートPCで、
東芝の製品「libretto」の新モデルとなります。

全面がディスプレイのスレート型の製品は数多くありますが、
このような2画面式のミニノートは世界初との事。

大きな画面を持っているのと同じ事でありながら、
2つに折りたたんでコンパクトに携帯できるという部分が非常に魅力です。


この libretto W100 で想定されている利用法としては・・

・どちらかの画面に仮想キーボードを表示させてノートPCのように使用
・タブレットにように、大きな一つの画面としての利用
・見開きの本のように利用(電子ブックリーダーアプリの FlipViewer を標準導入)

等があげられており、本体の向きを感知し、
画面の表示方向を切り替える機能なども搭載されているそうです。

主な仕様としては、ディスプレイは上下とも7型ワイド(1024×600)、
プロセッサはデュアルコアの Pentium U5400(1.2GHz)を採用、チップセットはQS57
グラフィックスはCPU統合型のHD グラフィックス、OSはWindows 7 Home Premium

メモリはオンボードで2Gを搭載(増設不可)、ストレージには64GB SSDを内蔵。

インターフェースはmicro SDスロット、USB 2.0、ヘッドホンジャック、
マイク・スピーカー、102万ピクセルのウェブカメラを搭載。
無線機能はIEEE 802.11 a/b/g/n、WiMAX、Bluetooth v2.1+EDRに対応しています。

サイズは約202mm×123mm×25.4mm(幅、奥行、厚み)、重量は699gと非常にコンパクト。

バッテリー駆動時間は4セルバッテリー搭載で約2時間となります。
(8セルだと、バッテリー駆動時間は約4時間、本体の重量は約819g)

出荷は8月下旬の予定で価格はオープン、店頭での予想価格は12万円台との事です。


あくまで公開されている libretto W100 の情報に対する感想ですが、
価格が12万円台と最近の製品に比べると低価格ではない事、
また携帯利用を考えた場合、バッテリー駆動時間がかなり短いような気がします。

ですが、非常に面白そうな内容のモデルです。
8月下旬以降、店頭でも販売されるようなので、機会があれば触ってみたいと思います。
→ 東芝 libretto W100 世界初の2画面タッチ ミニノート