2010年6月17日、レノボより3D対応のIdeaPad Y560dというモデルが発表されました。
発売は6月中、米国で1199.99ドルより販売される予定との事。

IdeaPad Y560d

3D対応のノートPCの登場はレノボでは初です。

主な構成としては、Core i7やDDR3メモリを最大8G、250GBのHDDも搭載可能、
ディスプレイは15.6型の16:9ワイドで3Dメガネ付き。

3D技術 TriDef を採用してるとの事で、
3D映像を視聴出来るというだけではなく、2D動画や画像を3Dに変換する事も出来るそうです。

IdeaPad Yシリーズの主な特徴として、Thinkpadブランドにも劣らない高いパフォーマンス、
多機能だという部分などがあげられます。

私的に、どうしてもThinkpad > IdeaPadという見方を未だにしてしまうのですが、
最近のIdeaPadは初期の頃とは比べ物にならないくらいラインアップも充実していますし、
IdeaPadならではの機能も持っており、Thinkpadとはまた違ったカラーのブランドを確立しています。

今回の3D機能も、やはりビジネス向けのThinkpadよりも、
エンターテインメント性の高いIdeaPadの方がニーズがあるのかもしれません。
3D機能の用途も同マシンでは色々とありそうです。
→ Lenovo News releases