銀座コージーコーナーで、5月21日から7月11日まで開催されている
「世界のカップデザートフェア」というキャンペーン商品のカップデザート11種を食べ比べてみました。

世界のカップデザートフェアとは・・・
2010年は、南アフリカ共和国と日本の国交100周年目に当たる年だそうで、
その100周年を記念し、選りすぐり11カ国の代表的なデザートをカップデザートに仕立てたとの事。

カップデザート10種
カップデザート ← 上の画像に収まらなかった

私は甘いものは超がつくくらい好きなのですが、
コージーコーナーの商品は美味しいものとそうでないものの差が激しいような気がするので、
1年程前までは本当にたまに買いに行く程度でした。

ですが、パティスリーにしては比較的遅い時間まで空いていて行きやすいという事と、
立地的に便利であるという事からたまに利用したりしているうちに、新商品が出たら試さずにはいられなくなり・・

そういうわけで、今回期間限定で発売された11種のデザートも食べないわけには行かないだろうという事で、
正直好みでないものもあったのですが、とりあえず全種類を食べてみました。

【世界のカップデザートフェア 11種のカップデザート】
アルゼンチン やわらかキャラメルパルフェ
アメリカ チェリーパイ
南アフリカ ルイボスティーのパルフェ
オランダ ダブルベリーとクリームのパルフェ
イタリア ティラミス
日本 抹茶とわらびもち
フランス ブラマンジェ
ブラジル コーヒーゼリー
スペイン サングリア風パルフェ
イングランド 紅茶パルフェ
ポルトガル ミルククリームパルフェ

では以下、写真と感想です。




アルゼンチン やわらかキャラメルパルフェアルゼンチン やわらかキャラメルパルフェ

アルゼンチン やわらかキャラメルパルフェ
構成はキャラメル風味のプリンに生クリーム、キャラメルソース、チョコレート。

私は甘いものが好きなくせに、甘ったるいフルーツやチョコのソース、ジャムは苦手です。
というわけで上のキャラメルソースは甘すぎます。

下のクリームやプリンは中々美味しいです。



アメリカ チェリーパイアメリカ チェリーパイ

アメリカ チェリーパイ
構成は底からチェリーのソース&チェリー、カスタード、ココア生地、パイ生地、
カスタード、生クリーム、再びチェリーのソースにチェリーが乗っかっています。

ソースが甘い・・
ですが、クリームとパイの相性は良いです。
思ったよりも美味しかったです。



南アフリカ ルイボスティーのパルフェ南アフリカ ルイボスティーのパルフェ

南アフリカ ルイボスティーのパルフェ
構成はルイボスティーのゼリーに、スポンジ生地、生クリーム、クラッシュしたゼリー。

ゼリー系よりもクリーム系が好みですので、ゼリーが主役のデザートには正直気乗りしなかったのですが、
食べてみると結構美味しい・・というか、多分上の生クリームが美味しいんですね。

ゼリーはゼラチンを使いすぎたような感じの硬さです。
紅茶の風味は良いので、もう少し食感が柔らかければいいのに・・



オランダ ダブルベリーとクリームのパルフェオランダ ダブルベリーとクリームのパルフェ

オランダ ダブルベリーとクリームのパルフェ
構成は生クリームにココアのスポンジ生地、カスタード、生クリーム、ベリーのソースとゼリー。

カスタードクリームにはアドヴォカートというリキュールが使われているそうです。
このクリームは濃厚でかなり美味しい・・

ただ、全体的にクリーム感たっぷりで良い感じなのですが、上のゼリーは意味不明。

最初見たときはカットフルーツかと勘違いしていたのですが、
食べてみると期待していた味・食感と全く異なる微妙な味のゼリーで、不意打ちを食らった感じです。



イタリア ティラミスイタリア ティラミス

イタリア ティラミス
構成はマスカルポーネのクリームに、コーヒー風味のスポンジ生地、生クリーム、ココアパウダー。

かなり昔、ティラミスが流行ったような記憶があり、 確か小学生の頃だったような
今でも人気のデザートですが私はあまりティラミスは食べません。
普通に美味しいけど別に食べたいとも思わないんですよね。

ですが、このティラミスのカップデザートはあまりティラミスという感じではなく、
コーヒーシロップなどもかなり控えめ。

クリームたっぷりという感じで美味しいです。



日本 抹茶とわらびもち日本 抹茶とわらびもち

そして日本 抹茶とわらびもち
和洋折衷のデザートは、両者の足りない部分をお互いに補っている感じで大好きです。

構成はミルクプリンのようなものに抹茶のソース、薄っすらカスタードのような風味のクリーム、
スポンジ生地、生クリーム、黒豆、わらびもち、黒蜜のクラッシュゼリーとかなり盛りだくさん。

私的には、底のプリンのようなものが?って感じではありましたが、
味も美味しく、食べていて楽しいデザートでした。

黒蜜のクラッシュゼリーはいりません。



フランス ブラマンジェフランス ブラマンジェ

フランス ブラマンジェ
構成は非常にシンプルで、ブラマンジェとベリー系のソースのみ。
そこの方に何か入っていたような気がしますが、何だったか忘れました。

ソースの色がどぎつい・・

ちなみにブラマンジェって生クリームが濃厚で、個人的には好きな部類のデザートです。
ですがこのブラマンジェは・・・ルsjヌhjl:t0@p:;f: 



ブラジル コーヒーゼリーブラジル コーヒーゼリー

気を取り直して ブラジル コーヒーゼリー
構成はクラッシュしたコーヒーゼリーにカフェ風味のクリーム、アーモンド、生クリーム。

全体的に甘さは控えめ。
味は普通にコーヒーゼリーではないかと思いますが、ゼリーが硬い・・

コージーコーナーのケーキに使われているゼリーは、大抵硬いです。
工場からの配送の関係でしょうか?(柔らかいと崩れるので)

硬いゼリーほど美味しくないものはないと思うのですが、
こうしていくつもの商品が出ている所をみると、一応ニーズはあるのかもしれません。



スペイン サングリア風パルフェスペイン サングリア風パルフェ

スペイン サングリア風パルフェ
構成はサングリア風味のクラッシュゼリーに、フルーツ、そして上にもクラッシュしたゼリー。

個人的にこのようなゼリー系は、普段は絶対にセレクトしない部類のデザートなのですが、
とりあえず試してみなければという事で今回購入しました。
特にコージーコーナーはゼリーがいまいちなものが多いので・・

味ですが、サングリア「風」ですのでアルコールの味は殆どしません。
オレンジメインの味です。

ゼリーの硬さは思っていたほどではありませんでした。
普通に、フルーツ系のゼリーとして美味しく食べられます。
総合するとまあまあ美味しいというところでしょうか?



イングランド 紅茶パルフェイングランド 紅茶パルフェ

イングランド 紅茶パルフェ
紅茶のゼリーに紅茶風味のクリーム、スポンジ生地、生クリーム、チョコレート。

紅茶のクリームや生クリーム、スポンジ生地の組み合わせはとても美味しいです。
ですが、底のゼリーがまた硬い・・・

味も香りも紅茶そのもので美味しいのに残念です。



ポルトガル ミルククリームパルフェポルトガル ミルククリームパルフェ

ポルトガル ミルククリームパルフェ
構成は底からりんごのシロップ煮、スポンジ生地、ミルククリーム、クラム。

底のりんごはともかく、味は期待通りのおいしさでした。
濃厚なミルクのクリームは最高に美味しいです。

上のクラム(クッキー生地のようなもの)は、単独で食べると甘くて変な味ですが、
クリームと一緒に食べるとやはり美味しい。

底のりんごが甘すぎで、締めとしてはどうかと思いましたが、
クリームはかなり美味しかったです。


以上で、11種のデザートの感想となります。
この中の「アルゼンチン やわらかキャラメルパルフェ」と「アメリカ チェリーパイ」、
オランダ ダブルベリーとクリームのパルフェ」は販売終了したので、もう食べる事はできません。

各デザートの感想は簡単なものですが、それが11種となると結構疲れますね。
読んでいる方も疲れるでしょうが、ここまで読んだのなら最後までお読みいただければと思います。


今回食べた 11種のカップデザートより、個人的に美味しいと思うベスト3のデザートを選択してみました。

1位 日本 抹茶とわらびもち

2位 イタリア ティラミス

3位 ポルトガル ミルククリームパルフェ

やはり和洋折衷の日本が一番です。
総合的にみるとコストパフォーマンスも高く、そこそこの味です。
この日本 抹茶とわらびもちはリピートしました。

ティラミスとミルククリームパルフェはクリームの美味しさが高ポイントとなっています。
で、ベストが出たのならワーストも、という事で、あえて選択したワースト1のデザートは・・




フランス ブラマンジェ


お菓子の国フランスのデザート、しかもブラマンジェです。
かなり期待して食べたのですが、ブラマンジェがゼリーの如く、硬い

硬すぎて口の中で解けず、全く濃厚さを感じる事が出来ませんでした。
大げさに言うとゴム食べてるみたいです。

まだ販売中の商品ですので、余り悪く書くのも悪い気がしますが、
このブラマンジェ位食べるのが辛いと思ったデザートは、ここ最近ではなかったので・・
材料はブラマンジェですが、食感は別物です。

もしかして、私の食べたものだけゼラチンの分量を間違えたとか・・?


ちなみに私、一般的にスイーツ好きには好まれるであろう、
フルーツソースたっぷりのきれいなデザートとか、ふわふわのシフォンとかは余り好みではありません。
(ものにもよりますが)

どちらかというと脂肪分高めな濃厚クリーム系のデザートや、
ずっしりと重い食感のチョコレートデザート(しかも甘さは控えめ)などの食べ応えのあるものが好みなので、
私の美味しい、美味しくないという評価とは、全く逆に思われる方もいるかもしれません。


というわけで長くなりましたが、
最後にまとめると、11種のカップデザートを全部食べてみましたよ という事になります。