本日(2010年05月26日)、ペンにも巻き取れるほどの超極薄有機ELディスプレイをソニーが発表したそうです。
ソニーのニュースリリースによると

・独自開発の有機半導体材料(PXX誘導体)を用い、駆動力を従来比8倍に向上させた有機TFT
・20μmの極薄フレキシブル基板上に、有機TFTと有機ELを集積化する技術
・従来の固いICチップの代わりに、柔らかい有機TFTでゲートドライバ回路を形成する技術
・有機TFTと有機ELの集積回路中の全ての絶縁膜をやわらかい有機材料で構成する技術

上記の技術を組み合わせる事により、ペン程の太さに巻き取れる超極薄の有機ELディスプレイの試作に成功したのだとか。

この有機ELディスプレイは、動画再生を行いながら棒状に巻いたり伸ばしたりを繰り返す事が可能で、
耐久性などにおいても、1000回巻き戻しを繰り返す実験にて、
ディスプレイの表示性能に劣化がないという事が確認されているそうです。

公開されている「有機TFT駆動有機ELディスプレイ」の動画では、実際に有機ELディスプレイで映像を再生しながら、
曲率半径4mmの太さに巻きとったり伸ばしたりを繰り返す・・といった様子をみる事ができます。
(以下動画)

動画を見ていただけるとわかりますが、この有機ELディスプレイで再生している映像は、
ディスプレイが巻き取られて曲がってしまった箇所でもきちんと表示されており、中々面白いです。

この技術を利用して、今後どのような製品が登場するのか、少し楽しみです。
→ ソニー、ペンほどの太さに巻き取れる有機TFT駆動有機ELディスプレイを開発