数日前に取り上げられていたものですが、
DELLのノート Vostro Thinkpad Edge のLCD耐久テストの様子です。

Edgeは中小企業向けの低価格帯ノート、DELLのノート Vostroも似たようなカテゴリの製品です。

大和開発チームではThinkpadが日々受けるストレスや起こりうるアクシデントをシュミレートし、
拷問テストとも呼ばれている19の厳しい耐久テストをマシンに施します。

そして、それらの耐久テストをクリアしたものでなければThinkpadとは呼ぶつもりはないとの事。


で、動画から何が言いたいのか?
Edgeには、Tシリーズなどに使用されているマグネシウム合金から成るロールケージが使用されていません。
それでいて動画に映っている程の耐久性を保っていると言う事・・

Edge や X100eにはコストの問題より、
通常のThinkpadに採用されているような高級な材料を使用する事が出来ません。
なので、構造を工夫する事でLCDや筐体の高い耐久性を実現している・・
と言うような事を開発担当の方が話していたのを以前聞きました。

動画を見る限りでは高い耐久性を持ち合わせているようですが、
Edgeに関しては実際の所は私はよくわかりません。(実際にテストを目の前で見たわけではないので)

しかし普段使用しているThinkpadに関しては、かなり信頼しています。
少々乱暴に扱っても大丈夫かな・・と。
乱暴に扱っているわけではありませんが携帯する際はやはりThinkpadだと安心です。

上記の内容についてはLenovo ThinkPad Edge vs Dell Vostro in LCD stress test [Video]をご参照下さい。