レノボジャパンは2010年4月20日、10.1V型ワイドの「IdeaPad S10-3s」、
およびIdeaPad Yシリーズの15.6型ワイド最新モデル「IdeaPad Y560」を発表、
4月24日より全国の量販店で販売を開始するそうです。

S10-3sY560

価格は両者ともオープン、
予想では「IdeaPad S10-3s」が46,800円前後~、「IdeaPad Y560」は不明ですが、
USレノボで販売されているCore i7-720QM搭載 Y560 は、$1,399.00~となっています。

Atom搭載のIdeaPad S10-3sはともかく、私的にY560は結構気になるモデルです。
このY560の主な特徴はと言うと・・

Core i7-720QM
チップセットはHM55
4GBのDDR3メモリ
500GBのHDD
LED バックライト搭載 15.6型HD(1366×768)光沢あり
グラフィックスにRadeon HD 5730を搭載したモデルあり
JBLスピーカーを採用
ブルーレイドライブを内蔵
ダークブラウン1色

その他、スクリーンを1,024×768と342×768の2つに分割するスクリーン分割機能
またインターネット環境より、他のノートPCとファイル等のデータ受け渡しが可能なソフトウェア「DirectShare
等等、レノボ独自のソフトウェアや機能を搭載しているそうです。

光沢液晶っていうのはちょっと引っかかりますが、
性能も高く、キーボードも他のアイソレーション型のものとは異なるようです。
(操作感に関しては、使いやすいかどうかは操作してみない事にはわかりませんが)

Thinkpadのものとはまた異なる、独自のソフトウェアも搭載しており、
あくまでも自分の意見ですが、最近のモデルは結構いい感じのものが多いように感じます。

というより、日本にはいってくるのが遅かっただけなんだと思いますが・・