非常に便利なWordPressのプラグイン「Broken Link Checker」のご紹介です。
以前から使っていますが、これは本当に便利です。

このプラグインは名称通り、ブログ記事内の壊れたリンクをチェックして通知してくれる優れたツール。

Broken Link Checker

ブログ内の記事が少ないうちは良いですが、
投稿数が増えてくると、リンク切れを手動でチェックするのは不可能に近いです。

そういった場合にこのプラグインは非常に便利。
リンク切れがないか、常にブログ記事内のリンクを監視してくれます。
(リンク切れは画像ファイルなども含みます)

使い方は非常に簡単。

WordPressのPluginsディレクトリより、プラグインをダウンロード。
Broken Link Checker

フォルダを解凍し、フォルダごと「/wp-content/plugins」へアップロード。

プラグイン管理画面より、「Broken Link Checker」を有効化。

設定などは、管理画面の設定ページ「Link Checker」(管理画面→設定→Link Checker)で行う事ができます。

ここでは各リンクのチェック頻度(何時間に一回、チェックなど)や、
見つかったリンク切れをどのようにページに表示するのかなどの設定が可能です。

Re-check all pagesボタンを押せば、即、リンクのチェックを行う事も出来ます。

デフォルトでは「Broken link CSS」にチェックが入っていますが、
これは見つかったリンクをどのように表示させるかと言うオプションで、
テキストエリア内のタグをカスタマイズする事で表示方法を変える事もできます。
(勿論オフにする事も可能です。)


ちなみにリンク切れが見つかった場合は、管理画面にこのようなボックス↓が表示されます。

Broken Link Checker

ボックス内に表示されたリンク「Found・・・」をクリックすると、
以下のようなページへ移動。

Broken Link Checker管理画面

ここでは、リンク切れの確認や、修復等を行う事ができます。


これ、本当に便利です。
WordPressでサイトを立ち上げたら必ず導入しておきたい、プラグインの一つだと思います。