Googleが独自のデバイス、Android OSを搭載予定のタブレット機を販売する準備をしているそうです。

ここ短期間で、IPadに対抗する(と思われるような)製品が各社から登場していますが、
このGoogleのAndroidタブレットもその一つ。

既に、同タブレット上で雑誌や本等を利用する取り組みなども進められているらしく、
電子ブックリーダーとしての機能は勿論、開発の十分に進んだAndroidの利用により、
AppleのiPadで利用可能な機能は全て提供する事が可能となっているのだとか。

アプリケーションの数にしても、AppleのiTunes Storeには及ばないものの、
Android Marketplace にて iTunes Store に次ぐアプリ数を確保しており、
iPadに対抗できるデバイスとしては、これの右に出るものは無いかもしれません。

ただGoogleでは「Chrome OS」にも力を入れており、
今年の初めにはChrome OSを搭載したタブレット機のコンセプトを発表している事からも、
今回のAndroid搭載タブレットの登場には?という声もありそうです。

以下は、Googleが今年の初めに発表した、Chrome OSのコンセプト動画。
今回のタブレット機は、Chromeではなく、Androidを搭載予定。

【Google Chrome OS UI Concept Video】

市場が激化する事で低価格化が進み、更なるサービスの向上も期待できます。
ユーザーにとっては喜ばしい事ですよね。

After iPad, Rivals Offer Variations on a Theme