3D関連の新製品の話題です。

2010年4月14日 ASUS(ASUSTeK Computer)は、
ゲーマー向けに展開しているブランド Republic of Gamers(R.O.G.)のラインナップとして、
NVIDIA 3D Vision対応のノートPC「G51Jx 3D」を発表、同月24日に発売予定となっています。

今回の製品の特徴としては3D機能のNVIDIA 3D Visionに対応、
アクティブシャッター式の3Dメガネの採用により、明瞭な3D映像を表示する事が可能との事で、
この方式の3Dメガネのを採用したPCは日本でははじめてだそうです。

マシンの主な構成は、LEDバックライト搭載の15.6型ワイド(1,366×768)
Core i7-720QM4GBメモリ500GB HDD、グラフィックスは NVIDIA GeForce GTS 360M

光学ドライブにはブルーレイコンボドライブを搭載、
さらにNVIDIA 3D Vision キット(アクティブシャッターメガネ1個やIR エミッター)が付属します。

従来の3Dメガネでは左目・右目用の画像を分離する為、
解像度が半分になってしまうというデメリットがありましたが、
今回「G51Jx 3D」が採用しているアクティブシャッター式の3Dメガネではフル解像度での表示が可能、
画面の正面でなくても3D映像を観る事が可能だそうです。

希望小売価格は20万9,800円とされており、
内容を考えると総額でこの価格はかなりコストパフォーマンスが高いのではないかと思います。

デザインはちょっと好きになれませんが、ゲームっぽいと言えばそうかもしれません。

新次元エンターテイメントノート「G51Jx 3D」を発表

ASUSと言えば、低価格帯のデスクトップやノートPCがよく話題に上ります。
最近ではどのメーカーの製品も全体的に低価格化していますが、
それでもコストパフォーマンスに関してはかなり優れており・・
今の所欲しいと思う製品はありませんが、とりあえず注目しておきたいメーカーの一つです。

ちなみに、この「G51Jx 3D」と同日に、13.3型ワイド・最長約9.1時間のバッテリ駆動、Core i5-430M、GeForce 310M・・
といった内容のモバイルノート「U30Jc」が販売開始されるのですが、そちらは希望小売価格が99,800円。
とても低価格ですが、やっぱりデザインは好きになれない・・