スペインのマドリードにある、世界で最も巨大な銀行の一つサンタンデール銀行にて、
ビル内を案内するためのロボットを大量に導入したとの事。

複数の言語に対応し、ロボットに搭載されているパネルを操作する事によって、
ビル内の目的地まで案内してくれるそうです。(下に動画)

動画のロボットは非常に大掛かりな感じですが、
人を乗せて運んでくれるようなものではなく案内機能のみを搭載。 乗り物みたいに見えますね

・・・ロボットと言えば、知り合いの勤めている会社には掃除ロボットがおり、
毎日決まった時間になると自らエレベーターに乗ってオフィス内を掃除して回るそうです。

↓これ 残業すると高い確率で遭遇するらしい

掃除ロボット

プログラム通りに動いているのだとは言え、なんか真面目な感じで面白いです。
というか、人間より真面目ですね。

ロボット・・というと技術面はともかく、
私たちにとってはまだまだ身近ではない感じがしますが、よく考えるとまあまあ普及しているのかも?

家庭向けの掃除ロボットというと「ルンバ」とか「スクーバ」とかが有名でしょうか。
使ってますよって声は周りでは全く聞いた事がないですけど。
あと玩具でもありますよね。

ビジュアルが人のそれとは大きくかけ離れているので、
どうも自分の考えるロボットとは全く違うのですが・・・

【Interactive Visitors Center – Ciudad Grupo Santander, Madrid】

Engadget Japanese:スペインの巨大銀行、案内係ロボを大量採用
ロボット系のSFが結構好きなので、こういう話題は面白いです。