3D版の「バイオハザードIV アフターライフ」が、2010年9月10日に日本で公開予定だそうです。

バイオハザードはゲームで有名ですよね。
かなり前ですが、3くらいまでは私もやっていました。

映画はこれまでの話が中途半端な感じですっきりしないので、あまり観たいとは思わないのですが、
次作のバイオハザードは3D版なので興味があります。
公開はまだ先ですが観に行くつもりにしています。

バイオハザード4の概要
・アバターの3D撮影技術を取入れた初のゾンビ映画
・ストーリーの舞台はロサンゼルス、しかし重要な役割を持つ場所として東京の品川が登場
・監督は、バイオハザードシリーズ1作目の監督を務めたポール・W・S・アンダーソン
・主演はもちろんミラ・ジョヴォヴィッチ

自分的にはバイオハザードは、いつ敵が出てくるか出てこないのかがわからない恐怖感が面白いので、
前作の映画みたいにアクションシーンが多いと、ストーリーとしては面白いかもしれないけれど、
バイオハザード特有の雰囲気が損なわれると言うか・・敵は別にゾンビである必要はないなあと思います。

あと東京の品川とかそういうのは、自分はどうでもいいです。
面白かったらいい

しかしゾンビの3Dってどんなんなのか・・

最近何でも3Dばかりですけど、今後、映画の有名タイトルの多くは3Dになっちゃうんでしょうか?
私的には嬉しいですけどね。

参考: Resident Evil: Afterlife