少し前の記事で「ニンテンドー3DS」に採用されているらしい、
液晶ディスプレイの「視差バリア方式」について少し触れましたが、
2010年4月2日、シャープがこの方式を採用したディスプレイの開発を発表したそうです。

この視差バリア方式とは、特殊なフィルターを液晶に貼り付ける事により、
ディスプレイの光の進行方向を制御して分離、
左右の眼に異なる映像を見せる事によって3D立体視を実現するというもの。

これまでは専用の眼鏡を用いて映像を見る必要がありましたが、
この方式を採用した液晶ディスプレイでは、裸眼の状態で3D映像をみる事ができるそうです。

さらに2Dと3Dの切り替えを行う事もできるため、
文字などのように2Dに適した映像と、3Dに適した映像の表示を使い分ける事ができます。

今回発表された3D液晶ディスプレイは、3.4型FWVGA(480×854)、輝度は業界最高の500cd/m2、
厚みは従来の2Dタイプと同等で、画面の向きを変えても3D表示が可能との事。

タッチパネル機能搭載のものと搭載しないタイプの液晶も開発し、
タッチパネル機能なしのものから順次量産を開始するそうです。


ニンテンドー3DSはもちろんですが、携帯やデジカメなど身近なデバイスで、
今回のディスプレイを搭載した製品が登場するのもそう遠くなさそうですね。

ちなみに現在3.4型との事ですが、これ、将来的にはさらに大きな液晶ディスプレイにも応用できるのでしょうか?
技術的な事はさっぱりですが、考えるとかなり先が楽しみだったりします。

テレビ番組などには全くといっていい程興味がありませんが、3Dだったら観るかも・・
私のような方は沢山いるんではないかな?