Thinkpadの長所は?って聞かれた時、必ずと言って良いほどあがってくるのがキーボードの操作感。

長く使っている人程この傾向が強いようで、
逆に言うと長く使っているからこそ、余計にそう感じるのだと思います。

T61のキーボードT61のキーボード2

私自身について書くと、実は使い始めのうちはそれほど使い易いとは感じませんでした。

確かに周りでいわれている通り、打鍵感は良く長時間の操作でも疲れにくいとは思いましたが、
そこまで絶賛される程良いのかなあと。(Thinkpadファンが言ってるだけではないのかとか・・)

キーボードにどれ程の工夫が施されているのかという話を色々聞き、
頭でっかちになった状態でThinkpadを購入したので、最初に期待しすぎていたのもあると思います。

まあでも別にThinkpadを使い始めたのは、キーボードが良いからと言う理由だけではないので、
使い難くなければ良いかなんて考えながら使っていました。

そしてしばらくそのような調子が続き、もしかするとこれ使いやすいかも・・とようやく思い始めた時には、
既に使い始めて1ヶ月が経過していたか、もっと遅かったかも? ちょっと鈍いですね

たまたま他のマシンを使った時に、Thinkpadって使いやすいなあと改めて気づいたんですが、
それまでは余り良さが実感できていなかったのに、これ良いかもと思い始めてから、
他のマシンとの違いが顕著に感じられるようになり・・ 勿論他メーカーでも使い易いもの・良いなあと思うものはありますよ。


ちなみに、キーボードにどれ程の工夫が施されているのかという話を聞いた・・と冒頭で述べましたが、
これは以前、レノボのノートブックの開発拠点である大和事業所の見学会に参加した際に、
キーボードの開発を担当されている技術者の方にお聞きした話の事で、
私はこの時に初めて、キーボードってここまで複雑なものだったのかと知りました。

打鍵感やキーのレイアウトは勿論、キートップや周辺の形状をはじめ、
Thinkpadの特徴の一つであるトラックポイントなどとのバランス・・・

特にノートPCはデスクトップのキーボードとは異なり、
厚みに余裕を持たせる事ができないので、快適な操作感を維持するのには様々な工夫が必要なのだとか。

※ここから以下は、見聞きした話や資料を元に、私が簡単にまとめたものになります。


例えば一般的にキーボードに採用されているシリンダー式の場合、
デスクトップのような厚みのあるキーボードだとシリンダーの長さを確保できる為、
どの角度からキーを押し下げてもキーが斜めに傾いたりする事が少ないのですが、
ノートのような薄型のキーボードではシリンダーの長さを十分にとる事が難しく・・

ストロークの取れない(シリンダーの長さを十分にとれない)キーボードはキートップの支えが十分でない為、
結果としてキー押下時にキートップが傾いてしまうなど、スムーズな上下の動きが難しくなります。

支えが十分でない状態でキートップの端を押した場合、圧力が下まで均等に伝わらず、
キーが正しく反応しなかったり、ひっかかりが生じてしまう事もあります。
(これ、結構経験あります。キーはどれもそんなものなのだと思っていましたが・・)

キータイプ時、常にキートップの中央を垂直に押し下げているというのであればともかく、
実際の操作では様々な角度からキーを押すと思います。
そのたびにキーが正しく反応しないなどという事があっては使いにくいですし、困ります。

そのような状態を解消する為に、ThinkPadではシザーズ式(パンタグラフ式)と呼ばれる構造が採用されています。

シザーズ式のキーボードでは、キートップを2本の交差する棒で支えるようなキー構造となっている為、
キートップのどの部分を押しても全体が下がるような仕組みになっています。

キーが正しく反応しない確率が大幅に下がるので、
ストロークの短いノートPCでもスムーズな操作が損なわれる事がありません。


とは言っても、ノートPCではこの方式を採用しているメーカーが殆どですので、
これに関しては何もThinkpadに限ったものではありません。

ですが、特許の関係で各メーカー毎に構造の異なるシザーズ式キーボードが開発されている為、
メーカーによってキーボードの使い勝手はそれぞれ異なります。

Thinkpadのキーボードではキートップを押し始めてから完全に下がるまでの指への力のかかり方や、
キー押下時の着地感、キーの戻りなどのチェックを事細かく行い設計。

キートップやキー内部のラバードームの形状、パームレストの傾斜、キー間のスペース、
キーのレイアウト他、聞いているこっちの頭が痛くなるくらい細部の構造にまで拘る事で、
Thinkpadならではのキーボードの操作感を実現しています。

見学会ではかなり長い時間、キーボードの構造に関する説明が行われていた為、
話の全てを覚えているわけではなく、また書ききれていない事もいくつかありますが、長くなってしまうので省略



まあでも使う方にとってみれば、どこにどの位工夫を凝らしているかという細かい話よりも、
使いやすいか使いにくいか、という事に尽きると思います。

いくら細かい部分の説明を聞いたって、使い難いものが使い易くなる事はないので・・

ちなみに上の説明は、一応、以前に受けた説明や頂いた資料などを元にまとめたものですが、
私は「簡潔にまとめる」という事が非常に苦手な為、おかしな箇所や誤りもあるかと思います。

でもキーボードに関しては、一度ちゃんと記事を書きたいと思っていたんです。 今回7割方位はかけたかな?

Thinkpadのキーボードを使った事のない方に、
使いやすいんだよという事は少しは伝わったのではないかと思っているのですが、
文章がヘタクソなのでもしかしたら伝わらなかったかもしれません。

まあ、興味があったら使ってみてくださいという事です。

余談ですが、主なThinkpadシリーズのキーボードが上に書いたような感じですので、
EdgeやX100eに採用されているアイソレーション型のキーボードが、
従来のThinkpadキーボードと同じ操作感を実現していると言う説明を受けても、いまいちピンときません。

確かにメーカー側の説明通り、打鍵感に関しては決して悪いという事はありません。
※キーのレイアウトや機能に関しては、いまいちすっきりしませんが

でも同じかと聞かれると、私にはEdgeやX100eのキーボードが従来のものと同等だとは思えず・・
単に、見た目と慣れの問題もあるかもしれません。

なんかEdgeの悪口ばかり書いているようですが、価格を考えると優秀なマシンだと思います。 
日本で販売されているものが、USの仕様と同じものだともっと良いのですが・・

でもメインPCを買うのなら従来から続いているシリーズのThinkpadが良いかと思います。
毎回しつこいですが、購入時は特典のついたクーポン のチェックを忘れずに・・ 
あるのと無いのとでは大きく価格が変わりますので。

実は今日、まだ寝てないんです・・ またこんな時間になってしまった・・