ちょっと気になる事。

Wi-Fi、Bluetooth、GPS等の機能も備え、
一日中使用出来る程のバッテリー性能を備えたタブレットPC「Moby」が、半導体メーカーMarvellより発表されました。

これだけをみるとふーんって感じなのですが、
驚く事に、このMobyというタブレットPCは現時点では100ドルを切る価格設定だそうで・・

製品は試作段階であり、詳細なスペック等の情報は公開されていないのですが、
タブレットPCで100ドル以下って、一体どんな内容のマシンなのかと想像してしまいます。

タブレットPCというと、先日、予約販売受付が開始されたiPadが思い浮かびますが、
こちらは確か最小構成で499ドルという価格設定。

このiPadの499ドルと言う数字は予想をはるかに下回るものであり、
性能なども含め、同じ価格帯のネットブックには厳しい製品になるだろうと想像させるような内容のものでした。

しかしMarvellが発表した「Moby」は100ドル以下という破格値。
しかも、iPadとは違ってFlashをサポートしています。

まあ現時点で様々な構成、機能を持ったiPadと、
まだ内容が殆ど公開されていない「Moby」とを比較するのは少し早計ではないかという気もしますが、
そのような製品が可能であるとされている時点で、
今後のタブレットやモバイル市場において大きな影響を与える製品であるという事は間違いないでしょう。
(Marvell、100ドルを切るタブレット PC の試作品を発表)

しかしなんかもう、携帯もパソコンもサイズの違いだけで、中身も価格も変わらなくなってきていますね。