WordPressのプラグイン「AddQuicktag」のご紹介です。

数多くあるWordPressのプラグインの中でも、私が特に重宝しているこのプラグイン。
HTMLモードでタグを挿入しながら記事を作成される方にはかなりお勧めです。

通常の管理画面(HTMLモード)にも最低限のタグの挿入ボタンが用意されてはいますが、本当に最低限・・・
このAddQuicktagを利用すれば、よく使用するタグや定型文などをタグ挿入ボタンとして設定する事ができます。

こんな感じに↓ 「タグを閉じる」以降が登録したボタン

投稿管理画面

クリッピング系のツールをそのまま、投稿画面に導入するような感じです。

インストール・設定は非常に簡単。

  1. WordPressのPlugin Directoryで配布されているAddQuicktagをダウンロード
  2. 解凍したフォルダをwp-content/pluginsへアップロード
  3. 管理画面でプラグインを有効にする
  4. AddQuicktagの設定画面で、自分の好みのタグや定型文を登録する

これだけです。
設定画面で登録したタグや定型文のボタンは、すぐに投稿画面で使用する事ができます。

私の場合、スタイルシートで設定したいくつかの各種クラス名を主にボタンとして設定しているのですが
これがあるのとないとでは、記事の作成時間に倍くらいの差が出るのではないかと・・

同様なプラグインは、他にも探せば沢山あるんでしょうけど、今の所これが一番便利だと思っています。