私は変なところで面倒くさがりなので、
WordPressのプラグイン、今まで最低限のものしか入れていなかったのですが、
じっくり見てみると色んなものがあるんですね。

面白いけど設定とかいちいちするのはやっぱり面倒くさい・・なんて思いつつ、
いくつかのプラグインを追加してみました。

その中の一つ、「WP-PostViews」は、
各記事の参照数やアクセスランキングを表示する機能をもったプラグイン。

サイドバーに、閲覧数の多い記事ランキングのようなものを設置したブログをよく見かけますが、
あれっていいなあって前からちょっと思ってたんですよね。

そういうわけで設置方法をメモ。


WordPress Plugins:WP-PostViews
まず圧縮ファイルをダウンロード。

ファイルを解凍後、フォルダを丸ごとpluginsフォルダへアップロードします。
(wp-content/plugins)

そしてWordPressのコントロール画面、
プラグインページで、WP-PostViewsを有効化し、設定。

設定する項目は・・・

■Count Views From アクセスをカウントする対象を選択
  Everyone 全てのユーザーをカウント
  Guest Only 登録ユーザーや管理者以外の一般ユーザーのアクセスをカウント
  Registered Users Only 登録ユーザーのアクセスのみをカウント

■Exclude Bot Views ロボットを対象とするか対象外にするかを選択
  通常はYes

■Views Template 特定の記事へ表示させるカウント数のテンプレート
  デフォルトでは「7 views」のような感じになっています。

■Most Viewed Template ランキングを表示させる場合のテンプレート設定
  デフォルトではランキングを箇条書き方式で表示

テンプレートはそのままでも利用できますが、サイトにあわせて適度書き換えてください。
デフォルトのテンプレートに戻したい場合は、「Restore Default Template」ボタンをクリック。

サイトにランキングや記事の参照数を表示させるには、テンプレートにタグを挿入する必要があります。
タグ記述には何通りかの方法があり、記述によって表示形式も異なります。

以下、一般的な記述方法です。


【記事内にその記事のアクセス数を表示】

<?php if(function_exists('the_views')) { the_views(); } ?>

上記のタグを、対象となるテンプレート内に記述します。
アクセス数の表示方法は、管理画面の設定項目「Views Template」で設定。


【サイト内の記事のアクセス数をランキング形式で表示】

<?php if (function_exists('get_most_viewed')): ?>
   <ul>
      <?php get_most_viewed('post',10); ?>
   </ul>
<?php endif; ?>

上記のタグをsidebar.php(サイドバー)などのテンプレートに記述します。
記述した場所に、アクセスの多い順にリンク付きの記事タイトルを最大10件表示させる事ができます。

なお、上記の赤字でかかれている部分の関数や引数を適度書き換える事で、
表示方法や内容を変更する事ができます。

指定できる関数と引数は以下の通りです。

get_least_viewed(引数1,引数2);

  意味 アクセスの少ない順から記事を表示する
  引数1 both、post、page
  引数2 表示したい記事数

【引数1に指定する事のできる各引数の意味】
both ページと記事の両方をカウントに含め、表示
post 記事のみカウントに含め、表示
page ページのみカウントに含め、表示

get_most_viewed(引数1,引数2);

  意味 アクセスの多い順から記事を表示する
  引数1 both、post、page
  引数2 表示したい記事数

get_least_viewed_category(引数1,引数2,引数3);

  意味 特定カテゴリにおいてアクセスの少ない順から記事を表示
  引数1 カテゴリーID
  引数2 both、post、page
  引数3 表示したい記事数

get_most_viewed_category(引数1,引数2,引数3);

  意味 特定カテゴリにおいてアクセスの多い順から記事を表示
  引数1 カテゴリーID
  引数2 both、post、page
  引数3 表示したい記事数

テンプレート自体を変えたい場合は、
設定画面内の項目「Most Viewed Template」を書き換えてください。


【簡単な使用例】

<?php if (function_exists('get_most_viewed')): ?>
   <ul>
      <?php get_most_viewed('both',10); ?>
   </ul>
<?php endif; ?>

ページや記事を、アクセスの多い順に10記事まで表示します。

<?php if (function_exists('get_least_viewed_category')): ?>
   <ul>
      <?php get_least_viewed_category(2,'post',10); ?>
   </ul>
<?php endif; ?>

カテゴリーIDが2の記事を、アクセスの少ない順に10記事まで表示します。

<?php if (function_exists('get_most_viewed_category')): ?>
   <ul>
      <?php get_most_viewed_category(array(1,4,6),'post',7); ?>
   </ul>
<?php endif; ?>

カテゴリーIDが1、4、6の記事を、アクセスの多い順に7記事まで表示します。
カテゴリーIDを複数指定したい場合は、array(1,4,6)のように記述します。


【カウントをリセットしたい場合】

個別の記事のアクセスカウントをリセットしたい場合は、該当記事の編集画面を開き、
カスタムフィールド内の値を変更し、更新ボタンを押すと値が変更されます。

アクセスカウントの設定

記事タイトル等もリセットしてしまいたい場合には、削除ボタンを押します。