土曜日、アバターを観に六本木まで行ってきました。

六本木ヒルズ

普段からテレビとか映画とかには余り興味がなく、
周りに勧められても滅多に観ません。
(本が好きなので、原作を読んだりはします)

ですが、この映画は3Dとかで前から興味があったのと、
基本的にSFのような現実離れした話は好きなので観てみようかと。

※物語の背景の作りこみの浅いものはあまり好きではないです。
 観ていてしらけるようなものはダメ。

アバター

で、映画の感想ですが・・

中にはそれほど面白くなかったという方もいるみたいですが、
私はこういう話は好きです。

SFってありえないものが登場する事が多いだけに、当たり外れが大きいので、
外すと観なければ良かった・・なんて後悔するものもありますが、
この映画は普通に感動できるストーリーで、面白かったなあ。

話の内容は全然違いますが、宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」を思い出しました。
(雰囲気的に似ていませんか?)

でも3Dじゃなかったら、魅力は半減すると思います。

3Dはどうだったかと言うと、
すごくリアルに見えた部分と2Dと変わらないような部分もあったりで、
想像していたほどではなかったかな?

どうしても、画面の外枠が見えてしまう為、
余程入り込んで観ていないと3Dとしての映像に集中できないです。

でもリアルに見える部分は本当に綺麗で、
特に主人公のジェイクが初めてイクラン(パンドラに生息する鳥)に乗って飛ぶ場面は
観ていて本当に気持ちが良かったです。

ネイティリが自分のイクランに乗って、あとを追う場面も良かったな・・
このナヴィ族、初めは奇妙なビジュアルの部族だと思ったけど、
話が進むにつれて美しい生き物だと感じるようになりました。

将来的に、360度に近い角度で3D映画を観る事が出来るようになればいいなあ。
画面の外枠が見えると現実に引き戻されるので。
360度ビューだと、実際にその場所に自分が存在しているような感じになるのかな?
映画は別に好きじゃないけど、そんなのが出来たら通ってしまいそう。

というか、別にそれに近いもの作るのって、
今でも何がなんでも絶対不可能、って事はないですよね?

上映できる映画がまだ少ないという事とか、予算とか利益とかそういう事情はわからないけど。

——————

映画を観た後、久々にHARBSというカフェに行きました。

ここは並んでいる事が多く、今日も並んでいたのでどうしようかと思いましたが、
別のお店に移動するのも面倒だったので待ちました。

HARBSのケーキは一般的なものよりもサイズが大きめです。
価格は低くはないけど、サイズと内容を考えると安いんじゃないかな?

HARBSのマロンチョコタルト

迷った挙句、マロンチョコタルトを食べました。
ちょっと甘すぎなのと、洋酒が結構しっかりきいてました。

甘いの好きですが、コンフィチュールなどのように甘ったるいのはちょっと・・
生クリームは甘さ控えめの方が、脂肪分の美味しさが引き立つように思います。

行列の出来る何とかとかありますが、
並んでまでラーメンとか食べたいとか思わないなあ、と思いつつ、
ケーキとかは結構並んで買ったりしてるかも・・

しかし今日は目が疲れて、肩凝りがいつにも増してすごいです。